FC2ブログ
 
■プロフィール

紫波光太郎

Author:紫波光太郎
人間を肉体とみるか
エネルギーの集合体とみるか
見方を変えることで真の病気の原因がみえてくる

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■訪問者数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ツボとレメディの関係について
No.261

ツボとレメディの関係は、基本的な仕組みとしましては陰陽五行に基づく経絡と感情の関係から感情レメディは決められています。「部位に共鳴する主な感情コード」の資料で解説させていただきます。これまでの経験で経穴のインジケータドロップがあった場合、ほとんどは経絡ガイドプログラムに用意されております感情レメディでインジケータドロップは修正できます。
拡張レメディは、補助的に準備されたレメディの位置づけだとご理解ください。この拡張レメディは、西洋医学も含めたホリスティックな知識により選択することになりますが、どのようなレメディを使用すれば有効なのかが直感的に分かることがあります。いわゆるチャネリングと呼ばれるものです。
セラピーを突き詰めていく中で、病気の治癒には最終的には「守護霊(天使と読んでいますが)」の力によるものが多いことに気づきました。2009年、そのような存在の力をお借りして、効果の高いセラピーとレメディ選択での直感(天使からの指示)が届くように「祈りのセラピー」の機能がついた「SV-1アセンション」を開発しました。これは、祈りのセラピーを継続的に行うことで、自然にチャネリングができる意識へと変容させるようになっており、そのような状態になることで、レメディ選択やセラピーのさらに効果がアップすると考えたからです。


SV-1 | 10:25:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。