■プロフィール

紫波光太郎

Author:紫波光太郎
人間を肉体とみるか
エネルギーの集合体とみるか
見方を変えることで真の病気の原因がみえてくる

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■訪問者数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
想念
No.258

昨日、アレルギーで悩まれている方からお電話をいただきました。

とてもひどいアレルギーと言うことで「これほどひどいアレルギーの人は

あまりいない」と言われると本人が申しておりました。


それはその方と電話をしていて理解できました。

それは受話器を通じて、異常な波動が届くからです。

手足がしびれ、頭痛がしてきました。

このようなことは、これで二人目です。


最初の方もひどいアレルギーの方でした。

その方と電話した後、数日間は体調がすぐれませんでした。

うまく表現できませんが、強烈な電磁波のようなエネルギーが

受話器を通じて流れてきて、それが体にまとわりつきます。

質は違いますが「静電気」に似たようなエネルギーであり、どちらか

と言えば「霊的エネルギー」として感じます。


本当に申し訳なかったのですが、私には手に負えない症状であり

セラピーをお断りさせていただきました。

アレルギーがひどいので人が誰も近づけないそうですが、それは解ります。

それは、その方だけでなく近づく人への影響も大きいと思います。


そのエネルギーを処理できない以上改善は難しいと思いますが、

一つ確信しているのは、その方が作り出しているエネルギーであるということです。


電話で、しかもコードレスの子機からこちらへ流れてくるエネルギーで

あることを考えると「想念」のようなものとしてとらえています。

そのようなものであるなら、その方の想いを変えることで改善できるものなのかと

思っております。

世の中には本当にいろいろな病気と原因があるものだと感じます。

SV-1 | 15:13:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。