■プロフィール

紫波光太郎

Author:紫波光太郎
人間を肉体とみるか
エネルギーの集合体とみるか
見方を変えることで真の病気の原因がみえてくる

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■訪問者数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スピン調整能力
No.250

もうすぐ5月ですが、いよいよ「愛と調和の水AMRITA」が販売となります。

この水は、スピン偏極を修正できる水ですが、このスピン偏極を修正する

能力を「スピン調整能力」と呼んでいます。

その能力は、やはりSV-1が一番高いのです。

今回のAMRITAは、SV-1を持っていない人が、水を飲むだけで電磁場(放射線含む)

の影響によるスピン偏極を修正できるようにと開発しました。

SV-1 | 19:05:03 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
スピン偏極
こんにちは、以前こちらにコメントさせていただいた者です。

先日、以下↓のブログを読みました。
私は生体内の化学的反応について詳しくはないのですが、そこに書かれているを読んで、
あれ、もしかして、これって光太郎さんの仰ってる「スピン偏極」のことかなと思ったのですが、どうでしょうか?

このような認識をする人が、将来もっと増えるといいですね。


http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/54296fad8b9fc964c790d85c7cf2cc56

「赤血球を例にとれば、細胞表面の電子が電離現象により奪われてしまえば、正帯電となり本来の機能は奪われてしまうことになります。また、回転運動も逆向きになります。私たちの研究では全ての癌細胞は正帯電しており、この事実から電気的異常が細胞癌化の原因、または結果を表していると考えます。「放射線がDNAを傷つけて癌化」という通説は、否定こそしませんが現実に起きている電気的現象を正確に表現していないと思います。」

2011-06-23 木 17:57:57 | URL | いちご [編集]
Re: スピン偏極
いちごさん

ご無沙汰しております。
情報ありがとうございます。
この方が言われておることも「スピン偏極」だと思いますね。
最近、放射線に対応する水を作る装置「AMRITA」というものを開発したのですが
この装置は、まさにスピン偏極をもとに戻す装置なんです。
放射線に限らず、癌やインフルエンザなど病気のほとんどはスピン偏極と言えます。
これからも、情報楽しみにしております。

2011-07-05 火 17:45:55 | URL | Shiba光太郎 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。