FC2ブログ
 
■プロフィール

紫波光太郎

Author:紫波光太郎
人間を肉体とみるか
エネルギーの集合体とみるか
見方を変えることで真の病気の原因がみえてくる

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■訪問者数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フォーマット
No.216

「病気」とは、体を元の健康状態に戻そうとする働きなんです。
痛みやかゆみなどは、異常箇所を伝えるシグナルなんです。
病気になっている細胞の水分子は「スピン偏極」してまして、それは
フロッピーディスクのフォーマットの原理と同じです。
さまざまなストレスを受け、細胞がストレス情報を書き込んでしまうのですが
そのままでは、体調が悪化するために細胞はその情報をクリアー(フォーマット)
しようとしてスピン偏極させます。
フロッピーディスクに書き込んだ情報をフォーマットするのも同じように
磁場方向を一方向に偏極させて消去します。
実はインフルエンザに感染するということは細胞の情報フォーマットなんです。
ですから感染する人はそれだけ細胞にストレスが多いわけです。
癌の人がインフルエンザに罹ると癌が消えてしまうことがあると言います。
もちろん高熱でウイルスが死滅するということもありますが、私は、細胞の
情報がフォーマットされるからと考えています。
私達の体は、ストレスや毒素が蓄積すると「浄化機能」として細胞の
情報と定期的にフォーマットしていると考えています。
子どもが成長とともに風邪をひくのはそのためです。
だから風邪やインフルセンザはこの世からなくならないのです。


SV-1 | 13:03:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。