FC2ブログ
 
■プロフィール

紫波光太郎

Author:紫波光太郎
人間を肉体とみるか
エネルギーの集合体とみるか
見方を変えることで真の病気の原因がみえてくる

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■訪問者数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
金と銀の粒
No.209

左の首に原因不明のしこり(下の写真の黒丸部)ができた子どもさん。

しこり


2個所の病院で検査しましたが原因不明とのことです。

また、同じように左手手首にだけ肌荒れがあります。(下の写真の黒丸部)

手荒れ

他の症状としては、慢性的な鼻づまり。

私は、この一連の症状は「大腸経」の問題と考えました。

理由は、すべて大腸経絡上に起こっている症状だからです。

また私の場合には、「医療占星術」でも調べますが、その結果でも大腸に関係する水星が

原因と出ています。

さらに、気功を使って調べると上行結腸付近から異常な気を感じます。

以上のことから大腸経に問題があると考えました。


鼻づまりは、大腸経の終点となる「迎香」にOUTのリンガムロッドをあて、INのリンガムロッド

は始点の人差し指の「商陽(または合谷)」にあて「経絡つなぎ」を行うと鼻が通るようになり

ますが、今回のような小さい子どさんは、3分間ジッと我慢できませんし、また嫌がってない

たりして難しいです。

そのような場合には下の写真のような金と銀の粒を使って経絡つなぎを行います。

金と銀のツブ

これは、金と銀の電位差による電流を利用する経絡つなぎですが、ただSV-1では単純に

電流を流しているのではなく周波数や電流値を変えて流していますので、理想的には

リンガムロッドを使って欲しいですね。

金と銀の粒は、子どもさんが寝ている間につけます。

さらに、下図のような結腸関係の拡張レメディも使用して大腸のバランスをとりましたました。

結腸

また、しばらく間はLGSなども必要だと思います。

それは、この症状が出る前に風邪がずっと続き「抗生物質」をかなり飲んでいるためです。

これにより腸壁が傷ついてしまい、LGSを起こしていると思ったからです。

これでよくなるはずですがね。





スポンサーサイト
SV-1 | 16:16:04 | Trackback(0) | Comments(0)
鼻づまり
No.208

携帯の着信音で鼻づまりを改善できるという記事がありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090218-00000009-rbb-ent


鼻の脇には「迎香」と言う経穴があります。

SV-1ユーザーの方は、ここにリンガムロッドのOUTをあて、IN側のロッドを人差し指の「商陽」

にあてて、経絡つなぎをおこなうことで鼻づまりは改善します。

IN側は、大腸経と肺経の交点の「合谷」でもOKです。

携帯による骨伝導を使ったセラピーは、電磁波の影響があるので危険だと思いますので

ユーザーの方は、このようなことはしないようにして下さいね。

SV-1 | 16:26:18 | Trackback(0) | Comments(0)
借金で首がまわらない
NO.207

医療占星術で書きましたが、借金で首がまわらないと言うのは本当のことです。

以前、ある方が「借金で首がまわらない」からとセラピーにみえました。

いろいろ話をしていますと、心配で胃の調子が悪いということです。

なんでも家族の借金のことでそれが心配で寝られないということでした。

首がまわらなくなったのは、その借金が原因でした。

そのメカニズムは、医療占星術で書きましたので、セラピーの方法を書きたいと思います。


一番は、借金がなくなることですが、それはヤントラや風水をつかいますがここでは

SV-1でのセラピーを解説いたします。

まずは、経絡つなぎで「胃経」の経絡つなぎをおこないます。

次にレメディですが、ここでは感情レメディが最も有効だと思います。

首をまわす

そして乳酸菌を摂取ください。

ヨーグルトなどの乳製品よりは、植物性の乳酸菌にしてください。






SV-1 | 19:24:41 | Trackback(0) | Comments(0)
花粉症と副作用
No.206

今年の花粉は早く飛散するとの報道がありました。

まず、花粉症をあまり報道し過ぎです。その影響で花粉に過敏になって花粉症になっている

人も少なくないです。

今や国民の3割が花粉症と言われています。これは毎年増加しているのですが、その原因の

一つに過剰な報道(花粉予報)やCMがあると思います。

あの杉の木が怖い顔で襲ってくるCMはいかがなものかと・・・

私たちはの体は、外敵に対して備える防御機能のがあります。

花粉予報やCMで「花粉が多い、花粉症は辛いなど」毎日おあれば、体は身構えるようになり

ます。結局、これらによって過敏になる方が増えて花粉症増えていると思うのです。

なんとも・・・

花粉は、癌に効果がありますとか、花粉は美容に良いとかのプラスの内容で放送されると花粉症

の人は激減すると思いますよ。


花粉症は、他にも食生活の問題や滅菌、殺菌などの「神経質なほどきれいにする環境」の問題や

携帯電話や無線LANなどの電磁波の影響などさまざまな要因があると思います。

花粉は敵ではないのです。


さて、今回は、花粉症と副作用について書きます。

先日ある研究機関から花粉症の症状を緩和する抗ヒスタミン剤の影響で眠くなったり、脳の

働きが悪くなるとの報告がありました。


昨年、私の友人が交差点に赤信号で突入してくる車と事故を起こしそうになりました。

その車の運転手は「頭がボーッとしていて・・・」と弁解したそうですが。その原因は、花粉症

を抑える薬を飲んでいたからだということでした。

確かに花粉症は辛いと思いますが、そのために事故になっては・・・。


そもそもほとんどの薬には「副作用」があります。

私たちは、「医療にはこの副作用がある当たり前だ」と洗脳されています。

でも、そのような医学は本物でないと思うのです。


私のところに相談に来られる方の原因を調べていくと薬の副作用であることがとても多いのです。

例えば、めまいがあれば「何か脳の病気」ではないかと心配し病院に行くと思います。

しかし、薬の副作用にめまいなどが起こると書いてあるものがあります。

これって病気を治しているのか、作っているのかわかりませんよね?


先日もうつ病の方がみえました。

その原因は、違う病気で処方されているお薬の副作用であると医師が言っていたそうです。

それって病気を治しているのでしょうか?

それともうつ病を作っているのでしょか?

どちらの病気がいいですか?ってことですかね???


違う人は、血圧が高いからと血圧を下げる薬を処方されました。

しかし、それを飲んでからふらつくようになりました。

血圧が高いのを選ぶか、それともふらつきを選ぶかってことですか?

ふらつくことは病気でないのでしょうか?


ある時、リウマチの薬で副作用により数百人が亡くなったという報道があったときに、その薬を

飲んでいる方がいらっしゃいました。

おもわず「それは、死を選びますか?リウマチを選びますか?ってことですか」と尋ねてしまい

ました。


また、ある方は、癌だということで抗がん剤の治療を受けました。

しかし、その副作用で食欲不振、脱毛、疲労感、うつ的な症状・・・

なんとも・・・


結局、現代の医療では、どっちの病気にしますか?って選ばせていることではないでしょうか。

それって治療といえるのでしょうか?


なぜ病人が増え続けるのか。

なぜ医療費が国の財政を圧迫するのか。

なぜ医師が不足するのか。

その原因の一つに「副作用」という一方で新たに病気を作るってしまう現代医学の不完全さ

があると思います。


私のところに来られる多くの方がこの副作用であることを考えると、病院に来ている

方には「副作用」で来ている方は相当いるのではないでしょうか?


病院のない村は病気が少ないと聞いたことがあります。

逆にコンビニ診療と言うのが問題になっています。

気軽に病院に行くことで、逆に病人が増え続ける仕組みができてしまっていると思うのです。

それを何とかしようとする自治体も出てきたと新聞で読みました。

嬉しかった。

簡単な病気は、自分たちでなんとか対応しようとする動きです。

がんばれ~!!


私は、薬を全面的に否定しているのではありません。

お年寄りが、毎日茶碗一杯ほどのお薬を飲みながらせっせと通院している光景や軽い風邪程度

で病院に行って逆に感染症になる子どもたちをみていると、もう少し薬の使い方を考えるべきでは

ないかと思ってしまうのです。


こんな話を聞きました。

あまりに薬を飲む人が多いので、水道水に薬の成分が混ざっていると言うことです。(下記)

http://facta.co.jp/article/200805054.html

どういうことかと言いますと、薬を飲んでいる人の尿がトイレから下水道に流れていきますが

あまりにもその量が多い(薬を飲む人)ので、水道水に薬の成分が出てくると言うことです。

蛇口をひねるとお薬が出てくるわけです。

また、薬を多く飲んでいる人の死体は薬の影響で腐らないとも聞きました。

なんとも・・・(--)


SV-1 | 19:03:58 | Trackback(0) | Comments(0)
膠原病
No.205

膠原病(自己免疫疾患)は難病であるために改善も難しいのですが、ただ私のこれまでの

経験で、これらの病気の人はカルマ的な問題があると考えています。

それは、医療占星術でも書きましたが「自分を愛していない」「自己犠牲の精神が強い」など

が関係しています。

それは、前世において大変な失恋(ふられたり、浮気されたり)の経験を持ちこして生まれて

きたり。

聖職者として苦しむ人に自分の身を犠牲にして尽くしてきたことで自分よりも他人を優先し

前世だったときの記憶(カルマ)が魂に残っていることだったりします。

後者は、一見素晴らしい人のように思いますが、神様が人間としてこの世に送り出す目的の

第一ステップは自分を愛するようになることですので、自己犠牲が強すぎてはやはり問題な

のですね。


さて、このような方をセラピーするとアレルギーの経絡がドロップします。

自己免疫疾患もアレルギーと考えるからです。

その時に出てくる感情の中で「自己嫌悪」と言うのがあります。まさしく、自分を愛せない

のですね。

下記は、今回セラピーした方に処方したレメディです。ご参考にどうぞ。

膠原病
     クリックで拡大

さらに、ハートチャクラが傷ついておりましたので、クンツァイトと言うパワーストーンを

処方しました。

これの石は、失恋によって傷ついた心を癒し、愛する気持ちを取り戻すようにと促してくれ

る働きがあります。

クンツァイト
   

SV-1 | 17:23:26 | Trackback(0) | Comments(0)
気管支炎
No.204

ユーザーの方から次のようなご質問がきましたので、その回答を参考まで
書かせていただきます。

【ご質問】
子どもが先週の金曜日から38~40度の熱が続き、あらゆるセラピー(スピン調整、
インフルエンザのセラピー、肺経、三焦経、リンパの経穴調整など)をしてもすっきりしま
せん。(督脈の繋ぎをすると一時的に元気になります。)インフルエンザの検査は陰性でした。
一度熱は36度に下がりましたが、その後咳が出始めてまた38度の熱が出ています。
現在気管支炎を起こしています。

この状況でどう対処すればいいかとのご質問でした。


【回答】
1.腸内細菌が悪玉菌優勢に傾いていて下痢、発熱が起こったと考えられます。
2.この下痢と熱により体の浄化工程は終了し、腸内細菌のバランス一時熱は下がり
ます。(通常3日間)
3.しかし、体内に残っている菌を処理するために、鼻水や咳に移行して行くことになります。
この場合、気管支が弱い人は気管支炎になり、そのために再度熱がでることがあります。

このようなことで大切なことは、まず体液の弱アルカリ化です。私達の細胞の周りにある体液は
通常は弱アルカリです。これにより細胞は、イオン交換などの細胞としての働きを行っておりま
すが不適切な食事や腸の問題、ストレスなどでペーハーが酸化に傾くと細胞は周囲の体液の
浄化を行うために悪玉菌の働きが活発になるように働きかけます。(実際には、ペーハーにより
悪玉菌が活性化し始める)

このようなことから、まず食事を少なくし、アルカリ性の食事を中心にします。また、浄化のために
水をたくさん飲ませます。その場合には情報転写水がもちろんいいのですが、重層を1リットルあ
たり1gほど(小さじ半分)を入れてしばらくの間(症状が改善するまで9飲ませます。
これで体液を弱アルカリ化させます。

次に、咳止めと気管支防止です。
咳は、原則として浄化の一つですので止めるよりも出させて浄化を早めることが良いわけですが、
気管支炎に注意しなければなりません。気管支の保護としましては、ひまし油という油にユーカリ
などの殺菌と気管支拡張作用のあるアロマオイルを使うと気管支炎を抑えながら浄化をすることが
できます。背骨のマッサージも自律神経の安定や咳を出しやすくするなどの点でお勧めです。
その場合には、松葉油の入ったアロマをオリーブ油などに混ぜてマッサージします。
また、殺菌力の強い紅茶でのうがいもよろしいかと思います。

レメディは、情報レメディライブラリーの「喘息」や「咳」を使われると良いかと思います。
また、現在の気管支炎に関して言えば拡張レメディの55782の呼吸器系炎症や65445の
悪臭気管支炎・化膿性気管支炎を使用されるとよろしいかと思います。


SV-1 | 17:16:51 | Trackback(0) | Comments(0)
出産のレメディ
No.203

出産が間近の方から赤ちゃんがなかなか子宮口に下がらなくて帝王切開の可能性

がでてきたので何とか自然分娩にならないかという相談を受けました。

そこで、次のレメディを使い遠隔で自然分娩のお手伝いをさせていただきました。

結果は、とてもうまく行きまして自然分娩で生まれたということで両家のお母様から

感謝のお電話をいただけました。

出産のレメディ
  クリックで拡大


【解説】

初めての出産と言うことで、とても緊張されている感じでした。

子宮口に赤ちゃんが降りてこないのは、この緊張のためだと考えました。

感情レメディでそれらを緩和することを行い。

またホルモンや自律神経のバランスを拡張レメディでおこないました。

さらに、子宮口や流産防止のレメディも入れました。

「シヴァ神からの祝福」のレメディは、無事に出産できるようにとSV-1の神様でも

あるシヴァ神にお願すると同時に、出産のために入院しているクライアントを

遠隔セラピーで対応するために、その力を借りるためのレメディでもあります。





SV-1 | 12:21:35 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。