■プロフィール

紫波光太郎

Author:紫波光太郎
人間を肉体とみるか
エネルギーの集合体とみるか
見方を変えることで真の病気の原因がみえてくる

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■訪問者数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
掘りごたつ
No.140

今日は、ライフフィールドセラピー(科学風水)であるお宅を訪問してきました。

この方は、毎回スピン偏極しているので間違いなく家に問題があるということをお伝えしていましたが、本日その検証をすべく訪問してきました。

これまでもスピン偏極がある場合には、100%住環境に問題がありました。

ですから、今回のケースも間違いなく家に問題があるという自信がありました。

ただ、スピン偏極は
①低周波電磁波の影響(電界)
②磁場勾配の影響(MRIなどの影響の場合もあります。)
③脈の影響
④レイライン(断層)
のどれかですので、それぞれの測定器で調べなければなりません。

まず、低周波の電界を電磁波測定器(ドイツ製)を使って調べましたが問題ありませんでした。
IMG_0779.jpg
※携帯電話、無線LANなどの高周波も調べます。(下記はドイツ製高周波測定器)
IMG_0782.jpg


次に磁場変動をGP-1(プレバランス製)で調べました。これは問題ありました。後ほど詳しく説明します。
6.jpg


次に水脈とレイラインをダウジングにより調べました。
こちらは、何箇所かありました。
IMG_0781.jpg


一番の問題だったのは下の写真の「掘りごたつ」の磁場勾配でした。
IMG_1348_convert_20080730170139[1]

この掘りごたつは以前使っていたそうですが、使わなくなったということでそれを埋めて畳を敷いており、その上に布団を敷いて寝ていました。

その四隅には、金属のフレームが付いており、そこを測定すると頭部付近が-69μTです。
-69.jpg

それに対して、腹部付近は25μTです。
IMG_1351.jpg

注目すべき点は、腹部付近の数値が+(プラス)の数値を示している点です。GP-1は、北半球の地磁気を(S極)に対してマイナス表示となりますので、この部分はN極(南半球)の磁場となっている点です。

この付近では、方位磁石の北が10度ほど他の部分よりずれていることも確認しました。

この方が、なぜスピン偏極していたかということが、この結果で納得できました。

この場所をずらして布団を敷くように指示しましたので、これにより体調不良は改善するはずです。

これまでもこのようなケースでたくさんの方のお宅を訪問しては、その環境を改善してきました。

このようなことで病気になっているなんてとても残念です。

私は、秋頃から本格的に住環境の改善のための仕事をおこなうつもりでいます。

興味ある方は、まずは9月28日のセミナーにご参加ください。






スポンサーサイト
SV-1 | 17:12:25 | Trackback(0) | Comments(1)
拡張コード
No.139

8月10日販売開始の「経絡ガイドプログラムVer.2」では、これまでの感情レメディの他に1600もの拡張コードが使用できるようになります。

今回のVer.2には拡張コードのサンプルとして60コードが付いていますのでご紹介します。

【ビタミン:10コード】
ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE
ビタミンH、ビタミンK、ビタミンP

【菌・ウイルス:27コード】
エプスタインバーウィルス、アデノウィルス、アデノウィルス(コード違い)、コロナウィルス
サイトメガロウィルス、エコーウィルス、レオウィルス、パラインフルエンザウィルス
コクサッキーウィルス、エコーウィルス、ウィルス、A型肝炎ウィルス、B型肝炎ウィルス
インフルエンザウイルス(ロシア)、ワクシニアウィルス、タバコモザイクウィルス、インフルエンザ
大腸菌、溶血性連鎖球菌、β型溶血性連鎖球菌、ヴィダリンス型連鎖球菌、酵母菌
オードアン小胞子菌、小胞子菌、ブドウ球菌、非病原性不完全菌類、ボトリティス・シネレア

【金属毒素:23コード】
鉄毒、亜鉛毒、アルミニウム毒、硫黄毒、鉛毒、マグネシウム毒、ナトリウム毒、カドミウム沈着
ヨウ素毒、カルシウム沈着、水銀毒、銀毒、ヒ素毒、真鍮毒、臭素毒、鉄沈着、炭素沈着
ナトリウム沈着、カルシウム沈着、リン中毒、鉛中毒、水銀中毒、ヒ素中毒


SV-1 | 15:35:40 | Trackback(0) | Comments(0)
仙骨の役割
No.138

心臓で作られた生体電流は、全身に運ばれますが途中電圧が低下するのでその電圧を上げる必要があります。

特に脳での消費電力は大きいので、脳に電力を供給する前に電圧をあげます。

つまり発電所(心臓)で作られた電気が都市(全身)に送られ、その年を機能させるためのコンピューター(脳)に電気が送られると考えればいいでしょう。

途中の送電線(神経)や光ファイバーケーブル(経絡)はとても重要な役割をしますが、心臓で作られた電流は、仙骨がトランス(変圧器)の役割をして電圧をあげます。

督脈の経絡つなぎをすると電圧があがり、元気になります。

栄養ドリンクを飲むより、背骨の経絡つなぎをする方が元気にしてくれます。

仙骨は、情報と言う面でもとても重要な部分です。

仙骨に感情レメディーを流すのもとても有効なセラピーと言えます。

SV-1 | 18:04:15 | Trackback(0) | Comments(0)
9月の説明会&セミナー
No.137

9月の説明会とセミナーの日程です。
9月は、8月販売の経絡ガイドプログラムVer.2の説明も含めたSV-1の説明会を2回行います。
また、セミナーは「風水とスピン偏極」についての説明を行います。
まだ、ほとんどの人が気が付いていない「スピン偏極」という現象がさまざな病気に関係しています。そのスピン偏極のメカニズムとその対策について詳しく説明いたします。ユーザーはもちろん、一般の方にもぜひ聞いて頂きたい内容です。


【SV-1説明会】
日時:9月27日(土)、10月19日(日) 13:00~15:00
参加費:無料
場所:プレバランス本部
定員:10名(先着順)

【風水とスピン偏極について】
日時:9月28日(日) 13:00~15:00
参加費:SV-1ユーザー3,000円、 一般5,000円
場所:プレバランス本部
定員:10名(先着順)
内容:風水を電磁場の流れとして科学的に説明いたします。
また、「スピン偏極」という現象が睡眠障害、アレルギー、霊障などに
関わっていることをSV-1を使いながら説明いたします。


SV-1 | 16:42:54 | Trackback(0) | Comments(0)
8月の説明会&勉強会
No.136

下記は定員となりましたので予約は締め切りました。

【SV-1経絡ガイドプログラムVer.2説明会】
■日時:2008年8月10(日) 13:00~15:00
■内容:今回ご紹介してまいりました「経絡ガイドプログラムVer.2」の説明会です。実際の使い方を解説いたします。ユーザーの方もそしてこれからSV-1セラピーをご検討いただいている方もぜひご出席ください。
■定員:10名(先着順)
■参加費:無料
■場所:プレバランス本部(電話:0120-65-2134)
※当日は、ビデオ撮影をおこないます。参加できない方には後日DVDを配布する予定です。DVDを希望される方は、ご連絡ください。


【SV-1勉強会 電磁波について】
■日時:2008年8月10(日) 14:50~16:00
■内容:SV-1セラピーを行っている中で多くの方が「スピン偏極」を起こしていることを経験していると思います。その原因の一つに「電磁波」があります。この「電磁波」を理解しいていただくための勉強会です。
■定員:10名(先着順)
■参加費:SV-1ユーザー:無料  一般:3000円
■場所:プレバランス本部(電話:0120-65-2134)


SV-1 | 17:18:29 | Trackback(0) | Comments(0)
ヴァージョンアップ
No.135

SV-1の販売一周年を記念して「経絡ガイドプログラム」のヴァージョンアップを行うことになしました。
今回のヴァージョンアップは、「さらに使いやすく、治癒率を向上させるため」を目的としております。
今回の具体的なヴァージョンアップは、これまで自分自身が使ってきて「不便に思う点やユーザーの皆さんから届きました要望」を基に行うことになりました。その具体的な内容をご説明いたします。


SV-1経絡ガイドプログラムVer.2

【追加機能と新規機能】
<追加機能>
追加機能1.インジケータドロップを記録できるようにいたします。
=解説=
「経絡詳細測定」の経絡図でドロップのあった経穴を示す名前枠を右クリックするとドロップ一覧表に記録(登録)していくようになります。
この一覧表は登録のつどダイアログが出てきて、今まで登録した経穴名と共に一覧表示され「OK」ボタンを押して確定する。
測定完了後(測定中も)この登録内容を、ボタン操作で表示確認できます。また、この登録内容による各種情報がカルテの表に反映されます。
※インジケータドロップ以外にも音が上がらないツボや逆に高すぎるツボ(炎症)も記録できます。


追加機能2.ディクショナリーの感情レメディに関係経絡が表示されます。
=解説=
感情レメディの画面で、あいうえお順で表示されるコードと意味の右側に、これと関連する経絡名を表示されます。表示する経絡名は、「経絡別」ボタンで表示されるコードと対応しております。


追加機能3.感情レメディ検索機能:コード入力で感情レメディが表示される。
=解説=
(その1)画面右の候補選びリストボックスの下に新しくボックスを設け、ここに調べたいコードをインプットするとその意味や関連経絡名が表示される。そしてそのコードで測定でき、またレメディテーブルに登録できます。
(その2)系統だったコード一覧表(コードと意味)を別窓で表示させ、この中から測定コードを選び測定およびレメディテーブルに登録できます。


<新規機能>
新規機能1.カルテ機能
=解説=
ドロップした問題のある経穴、感情コード、意味、および経絡、などを一覧表に反映できます。(ドロップした経穴部位が自動に登録されます。)
・一覧表の備考欄にオペレーターが自由に追記できる。
・登録内容の削除ができます。
・カルテのファイルはPCのディスク内に保存できます。
・同じクライアントのカルテは一元化(1ファイル化)し、1画面に表示する1ページは1回分とし測定回毎にページを追加できます。
・カルテは各一回分を別窓で表示し複数回分を複数窓で表示、比較できるようにします。
・経絡図をカルテに添付(両手両足の4図)。ドロップした所はわかるように色区別するか明示します。
・カルテは1枚(1回)ごとに印刷できます。また測定結果の表部分のみを印刷してクライアントに渡すことができます。(氏名、測定日も印刷する)


新規機能2.約1600種ある拡張コード集のデータが使用できるようになる。
=解説=
・ジャンル毎に分類された拡張コード(CDタイプ)で測定でき、レメディテーブルにも登録できます。
・感情コードなどと組み合わせして、セラピーを行ったり情報転写水を作ることも可能です。また、一度作ったデータは、ファイル名をつけて登録し、再利用することができます。(オリジナルの情報レメディ・ライブラリーが作れると思ってください。)

現時点では、このような説明となります。現在プログラムを開発中ですので、さらに詳細をご報告できる段階になりましたらブログでご紹介してまいります。
※完成時は、今回のご連絡した内容と若干の違いが生じる可能性がございますことご了承ください。


SV-1 | 16:49:37 | Trackback(0) | Comments(0)
地震予知?
No.134

昨日地元(日立市)で震度5弱の大きな地震がありました。

初めて経験する大きな地震に驚きました。

ですから、震度7などがどれほど凄い地震なのかわかった気がします。

幸い一瞬の揺れでしたので被害はありませんでした。


数か月前も日立を震源とする地震がありましたが、この時は前日に地震を予知いたしました。

それは、私の体の変化でわかったのですが、今回はSV-1で予知できました。


別なブログで書きましたが、地震前には大気中に電界が増えいると思います。

そのために体全体が静電気を受けたようなビリビリとした状態になります。


この状態を地震以外でも経験したことがあります。

それは、送電線の鉄塔に近い家でSV-1を使った時に経験しました。


その時は、SV-1でクライアントを測定するとビビリ音がでてしまいうまく測定ができなかったのです。

そのビビリ音は、経絡の損傷時に発生するものとは異なっております。


SV-1は、体の中を流れる生体電流を測定しますが、そのレベルはμA(マイクロアンペア)です。

家庭用の電気機器が1Aですのでその百万分の1の弱い電流です。

それだけ微弱な電流を測定しているので送電線の近くや地震発生前の大気の電界などの影響を受けるのだと思います。

今回のような強い地震は、そうないと思う(あって欲しくない)いますが、もし全国にいるSV-1のユーザーの方が同じような体験をされた場合にはご連絡下さい。

SV-1が地震の予知に使えるかも知れません。

少なくても大気の変化は数時間前に起こっていますので、お役に立てるかも知れません。

SV-1 | 11:56:35 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。