FC2ブログ
 
■プロフィール

紫波光太郎

Author:紫波光太郎
人間を肉体とみるか
エネルギーの集合体とみるか
見方を変えることで真の病気の原因がみえてくる

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■訪問者数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
,エネルギーセラピー No.91
地磁気の役割

私は、宇宙天気ニュースもチェックしています。
宇宙の状態が、私たちの健康に大きな影響を与えるためです。

また、地震などもこの宇宙の天気が関係しております。

下記は、地球の地磁気が太陽からのプラズマなどのエネルギーをシールドしているシュミレーション画像です。
中央の黒い丸が地球で、左側からくる太陽のプラズマなどの宇宙エネルギーを地磁気がシールドしています。
http://hirweb.nict.go.jp/index-j.html
【情報通信研究機構のHPより】

地球が自転することで磁場を作り、生物を宇宙エネルギーからシールドしてくれています。
詳しくは、下記をご覧ください。
http://www.kakioka-jma.go.jp/knowledge/mg_bg.html

私たちも「オーラ」という磁場シールドで邪気やウイルスなどの侵入をシールドしています。

スピン反転(セラピー画像)してしまうとそのシールドは弱くなってしまい、それらの侵入を許してしまいます。




スポンサーサイト
地磁気・電磁波 | 16:13:32 | Trackback(0) | Comments(2)
エネルギーセラピーNo.90
進化

タミフル耐性ウイルスに集団感染した横浜の小学校の記事がありました。

菌やウイルスは驚くほどの速さで進化してしまいます。

また、次々と新しいウイルスが現れます。

そのワクチンや薬の開発は、その進化に追い付いていなどころか、逆にその薬でより強力な菌やウイルスに進化してしまっています。

どうも今の医療のこの菌やウイルスに対する対応の方法は根本的に違っているように思います。

これらを「この世から抹殺しよう」とする人間の傲慢さに神様が「そうではない」と言っているように思います。

すべてと調和させ、共存共生をめざすべきなのではないでしょうか。

私が目指しているエネルギーセラピーは、殺すのではなく、それらとも「共存共生」することを考えた医学です。

癌なども同じですね。

癌を放射線や抗がん剤で殺すのではなく、癌のできない体内環境を作ったり(エネルギー的に)、癌との共存共生を考える。

すべては、自然との調和だと考えております。






SV-1 | 14:11:33 | Trackback(0) | Comments(1)
エネルギーセラピー No.89
「恐怖の記憶」は酒を飲むと強くなる

「恐怖の記憶」は酒を飲むと強くなると言うような記事がありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080228-00000091-mai-soci

これは以前私が書いたアドレナリンと関係すると思いますね。
お酒を飲んだ状態では、アドレナリンも通常よりもたくさん出ると思いますからね。

この記事の中で、その恐怖を消すには楽しいことで上書きするということでした。

これも以前私が書きましたように解釈を変えて「上書き保存」することが大切だということですね。

ですから、お客様が「憎しみや」「恐怖」などの感情を持っている時には、情報転写水を作って楽しいことに上書きできるカウンセリングをすることがセラピーとして重要ですね。



情報転写水 | 22:41:42 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.88
炎症反応と経穴

SVステーションのインジケータが赤く表示される場合は、その経絡で炎症が起こっている可能性があることを書きました。

それはまた活性酸素が大変多いことを示し、バイオフォトンもたくさん出ていることが分かっております。

私は、体の炎症がある場合、その部位に手を近付けるとわかるということも書きました。それは、その部位の磁力を感知しているということでもあります。

さて、肝炎などで肝臓が炎症を起こしている場合には、足の親指の経穴(ツボ)を測定するとインジケータが赤くなるはずです。

しかし、これまで肝臓部分の手を近付けて「炎症の磁力」を感じているのに、親指の経穴からは特に反応がないことがありました。

私が感じている異常な磁力と経穴の反応が一致せずに不思議に思うことが何度かあります。

ある本を読んでいましたら、それは肝臓の経絡で膝の近くに「曲泉」という経穴があるのですが、肝炎や肝臓の問題がある場合には、その経穴の電気抵抗値が通常の18倍も低くなる(インジケータでは赤くなるはず)と言うことです。

症状によっては、手足の指の経穴だけでは判断できないケースもあるのかと思いました。



遠隔セラピー | 10:26:59 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.87
刺身とわさびと経絡つなぎ

ある本を読んでいたら「なぜ刺身にわさびを使うのか」と言うことが載っていました。

それは、わさびをつけることで刺身の筋肉が硬直し、コリコリしておいしくなるからだそうです。

その状態をNMR(核磁気共鳴)分光法と言う方法で測定すると、わさびをつけることでATP(アデノシン三リン酸)などが消費されることがわかりました。

以前、経絡つなぎを行うと筋力がつくことを書きました。
この「刺身とわさび」の科学的な分析で納得しました。経絡つなぎの電気的な刺激は、刺身がわさびによる刺激で硬直すると同じように、筋肉への刺激となりATPが消費されるからだと思います。

オイルマッサージでマスタード(からし)のオイルで行う方法がありますが、これもからしの電気的な刺激で筋肉を硬直させる働きがあるのだと思います。

経絡つなぎ後の筋肉の硬直(ATP)を測定したいのですが、NMRをお持ちのどちらかの大学でご協力いただけないでしょか。

ご連絡先は下記のプレバランスまで
http://www.prebalance.com

経絡つなぎ | 23:15:48 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.86
情報レメディ・ライブラリー Vol.1&Vol.2 販売開始

情報レメディ・ライブラリー Vol.1&Vol.2が完成し、3月1日より正式に販売いたします。

IMG_1027.jpg
Vol.1 インフルエンザ特集
Vol.2 花粉症特集


このCDの中には、それぞれのテーマ(今回は、インフルエンザと花粉症)の病気に関連する情報レメディが登録されております。

これから毎月1テーマのライブラリーを販売していきたいと考えております。
次回は「不眠症特集」を考えております。
ユーザーの皆さんからも作ってほしいライブラリーを募集したいと思いますのでご連絡ください。

このソフトは、SVステーション専用です。

使い方を下記で説明しておりますが、とても簡単にセラピーができます。
http://biophoton.blog104.fc2.com/blog-date-20080320.html

SVステーション | 15:59:42 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.85
説明会

下記にてSVステーション専用CD「情報レメディ・ライブラリー」説明会を行います。
SV-1ユーザー以外でもご興味がある方はご参加ください。

日時:3月2日() 13時~15時

場所プレバランス本部

参加費:一般 3000円
     SV-1ユーザー無料
内容
情報レメディ・ライブラリーCD「インフルエンザ特集」「花粉症特集」の説明。
インフルエンザ、花粉症へのエネルギーセラピーの具体的な方法など。

問合せ先
プレバランス


SV-1 | 20:02:34 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.84
花粉症対策

今年も花粉症の季節となってきました。

花粉症の対策とセラピーを説明してまいりますが、まずは下記のアドレスでアレルギーの基本をご覧になってください。
SV-1ユーザーの方は、必ずみてくださいね。

http://www.prebalance.com/allergy/index.html
SV-1 | 17:37:59 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.83
さっそく効果を確認

インフルエンザの情報ライブラリーソフトが完成した翌日、インフルエンザに罹ってしまった女性がおりましたので、さっそく情報転写水を作って送ってあげました。

翌日に、お礼のメールが来ました。

やったぁ!!

情報転写水 | 15:04:03 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.82
情報レメディ・ライブラリー「インフルエンザ特集」完成!!

ついに添付の画面のテーマ別の情報レメディを集めた「情報レメディ・ライブラリー」が完成しました。

このソフトでは、SVステーション用のものでパソコンにこのCDを入れるとライブラリの中にある情報を使って、情報転写水を作ったり、通電によるセラピーができます。

第1回目のライブラリーは「インフルエンザ特集」です。

現在、第2弾「花粉特集」のライブラリーを製作中ですが、今月中には完成します。

このソフトは鳥インフルエンザ用に作りました。

詳しくは、3月に発行予定の「プレバランス通信」で紹介いたします。

情報レメディ ブログ用

画像をクリックすると拡大します。


遠隔セラピー | 17:10:57 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.81
励み

毎日のようにSV-1ユーザーの方からお電話やメールをいただきます。

内容は、機器の使い方、具体的なセラピー方法などの様々な質問や疑問です。

機器の開発者として、またこれまでのエネルギーセラピーの研究のノウハウがユーザーの皆様のお役に立てればとても嬉しく思います。これからも遠慮なくご連絡いただければと思います。

さて、そのユーザーの方とのお話の中で「こんな結果が出た」「家族が元気になった」という報告が何よりも嬉しいことでして、また励みになります。
また、この体験談などが他のユーザーに役に立つことになると思いますので、何でも結構ですからご報告いただけるとありがたいです。

【ユーザーからの報告】
昨日、はしかの大流行を知りました。次男が予防接種をしていないので心配してます。(福岡は2番目に大流行だとか…)今は流行っているウィルスを紙に書いて、水に転写しています。不思議と子供たち大きな病気はしません! 次男はたびたび中耳炎を起こしていたのに、11月にSVー1と出会ってから一度も耳鼻科に行っていません!!
<コメント>
このユーザーの方は、子どもさんのセラピーを目的に購入された主婦の方です。
遠方であるため、直接お会いしてのトレーニングなどはまだ行っておりませんが、既にしっかりと測定ができているようです。SV-1は「誰もが簡単に使える」エネルギーセラピー機器として開発してきましたので、この状況はとても嬉しく思っております。そして何よりもお母様の子どもさんへの想いがSV-1と共鳴して高いセラピー効果を上げていると思います。
最終的には機器が治すのではなく、機器はセラピストの想い(愛)を増幅してバイオフォトンに載せ、クライアントに注ぐものですからね。とても嬉しい報告でした。

【腕をあげてきましたね!!】
あるユーザーの方(主婦)から、娘さんのセラピーを行ったときの話がありました。

<ユーザーからの電話>
「先生、娘は背骨が歪んでいると思います。それは、測定した時にビビリ音が聞こえたからです。」
このお電話を聞いた時も嬉しく思いました。
この判断は間違っていないと思います。背骨が歪んで(ずれて)いるときは、間違いなくビビリ音が聞こえるのです。それはとても微妙な音なのですが、それをこのユーザーはしっかり聞き分けられていたのです。
この娘さんは、肩こりと視力低下があるそうです。もちろん、大腸や胃、肝臓などの経絡の問題が考えられますが、一番は背骨のずれが原因だと思います。
この方もセラピストではない主婦であることが、私は嬉しいところなのです。
私は、自分や家族の病気を家庭で誰でもが簡単に治せるセラピーを目指しております。
SV-1は、そのような目的で開発してきたのでした。

前回のブログで書きましたが、近い将来、薬や注射などはなくなります。そして、家庭で簡単に病気をみつけ治せる時代がきます。そのような未来を見据えてこれからもエネルギーセラピーの研究を続けていきたいと思います。




遠隔セラピー | 14:01:01 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.80
未来予言とSV-1

昨晩、今話題の予言者ジュセリーノの番組をみました。
その内容は、これから大地震、新型インフルエンザウイルス、温暖化問題など人類はかつてない危機的な事態に見舞われるという予言でした。

SV-1セラピーが貢献できることとして、新型インフルエンザウイルスの予防やセラピーへの対応を研究したいと思っております。

既に、それらの研究を始めておりSVステーション用のインフルエンザ用のソフトウエアがもうすぐ完成します。

ジュセリーノの予言をまとめた本ので「未来予知ノート(ソフトバンククリエイティブ発行)」があります。
この中で、未来の医療について彼が回答している部分がりますので紹介します。

【180ページに記載あり】
:西洋医学の将来は? 医学に限界があるのでしょうか?

:西洋医学は現在、若干低迷の傾向にあります。しかし将来は、赤外線のようなものを用いた機械による新しい療法が、薬による治療に取って代わるでしょう。光を集中させて直接患部を治すもので、飲む薬や注射などは必要なくなります。

:予防医学が現在の医学に取って代わることはあるのでしょうか?

:はい。科学の発達で予防医学は大きく進歩します。病気になる前に原因を発見する機械も発明されることでしょう。


もうすぐ私たちが行っているエネルギーセラピーが認知される時代になりますね。
【心理・経絡セラピー機器SV-1】
http://www.prebalance.com/sv-1/therapy.htm

遠隔セラピー | 16:11:05 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピーNo.79
血圧の上昇

血圧が低いと生体電流も低い傾向があります。
SV-1のインジケータが「青」の状態です。

最近お二人のユーザーから低血圧が改善してきたとの嬉しい報告を受けました。

お一人は、ご家族の中に透析の方おる方でした。
SV-1を始めてから、低血圧が改善してきて病院でも「透析の際の血圧の変動が少なくなってきた」と看護師から言われたということです。

もう一人のユーザーは、ご本人が低血圧で最高血圧が70程度だったそうです。
最近は、100程度のなってきて体温も以前は35度代だったのが、36度5分の平温になったそうです。SV-1以外にも運動やヨガなどもやっていることもよい結果になっていると話していました。
先日その方を測定させていただいたのですが以前とは比べようもないほどパワフルな音がでていました。
以前は、ほとんど音がでないこともありまして、冗談で「この状態では死んでますよね」と言っていたほどです。

どちらのケースも継続的にセラピーを行っている結果であると思いました。

継続は力(パワー)なり」です。


SV-1 | 11:19:54 | Trackback(0) | Comments(2)
エネルギーセラピー No.78
鉱物のエネルギー

出張セラピーで出かけた時のことです。
あるお宅で5人ほどのSV-1でのセラピーを依頼されました。

その家は、送電線の鉄塔が近くにあり距離にして100メートルもありません。
電磁波測定器で測るとどの部屋も常時3mGありました。

1mG以上あると問題と言われておりますが、私の体はとても敏感なので0.5mG程度でも長時間いると調子が悪くなります。

私と同じSV-1もそれだけの電磁波が強い場所では、ビビリ音がでてしまい、電界のせいだと思いますが、プローブを握ってSV-1本体を触ると、ビビビビビ・・と変な音がします。

このような状態ですから、通常はセラピーなどできません。

しかし、このお宅でのセラピーはとてもうまくいくのです。
確かに、SV-1の音が変です。ビビビビビ・・・
機械が壊れたのかと勘違いするほどです。

それと、なんと言ってもセラピーする私がとても調子が良いのです。
疲れないのです。

実は、このお宅にはセラミックのパウダーが壁に塗りこんであるのです。

プレバランスでもFUFというセラミックのパウダーを販売しております。

このパウダーは確かに凄いのです。
それは、体感いただくのが一番なのですが。

しかし、なぜこのセラミックのエネルギーが空間を変えるのかハッキリわかっていませんでした。

でも、わかりました。

それは、ゼロバランス調整誘導装置をみていて気がつきました。

ゼロバランス調整誘導装置は、水道水をゼロバランス。クウォーツウォーターに変えます。
それらは、鉱物のエネルギーです。
それは、鉱物の情報が水を変えるのです。

山に降った水が、湧き水として出てくるときに、名水となる場所があります。それは、その土地の土を通過して出てくるときにその土のエネルギーを受け取るからです。

空間にも水があることに気づいていませんでした。
水は、氷→水→気体(水蒸気)などいろいろな形に変化して存在します。
水や氷は見えても大気中の水である水蒸気は、通常はみることができません。

部屋の内壁をセラミックにした場合、室内の水蒸気はそのセラミックのエネルギー(情報)を受けると考えらえます。

その空間を通過する電磁波は、その水蒸気の情報に包まれ、無害なものに変化していると考えられます。

わかっていただけますかね?

また後日詳しく書きます。


遠隔セラピー | 18:18:46 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.77
足の痛みの原因

先日、母が「今日は両足が痛くて仕方がないから先にやすむから」と言って寝てしまいました。

翌日は、「よくなった」ということであまり気にもとめなかったのですが、また次の日に同じ状況になりました。

そこで、その原因を調べようとSV-1によるセラピーを行いました。

まず、どこが痛いのか具体的に調べます。
痛い部分は、カウンセリングと実際に押してみて痛みのある部分で、ふくらはぎでした。

次に痛くなる時間帯を調べました。
毎回PM3時~5時の時間帯でした。
これをSV-1の経絡人体図から調べると「膀胱経絡」でした。
先ほどの、ふくらはぎも膀胱の経絡が走っています。

次に、カウンセリングで後頭部が痛いということがわかりました。
この後頭部が痛くなるのも膀胱の問題です。(経絡からも言えます)

そして、カウンセリングでトイレが近くなっていることがわかりました。

これらの結果から足の痛みの原因は「膀胱」であるとわかります。

セラピーは、膀胱経絡の経絡つなぎをおこないます。
次に、膀胱関係の「感情レメディ」を水に転写して飲んでもらいます。

以上で改善しました。

【SV-1については下記を参照ください】
http://www.prebalance.com/sv-1/index.htm

経絡つなぎ | 10:13:55 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピーNo.76
経験と情報転写水

最近きづいたことですが、情報転写した水はある期間継続的に飲む方が効果的ではないかということです。

例えば、膀胱の調子が悪い人は膀胱経絡の感情レメディを選び水に転写して飲むと思いますが、その水は、しばらく(10日間)毎日その情報転写水だけを飲み続けることが効果的であるということです。

なぜなら「経験」は、同じ経験を反復することで「慣れ」にかわるからです。
免疫ができるということは体が「慣れる」ことなんですね。

慣れるためには、今日経験した情報(感情レメディ)とあす経験する情報(感情レメディ)が異なるより、しばらく同じ経験を継続する方が体はその経験に慣れると言うことです。

私は、SV-1のセラピー後、そのとき検出された感情で情報転写水を作りその水を10日ほど継続して飲むようにしていただいております。

そこで大切なのは、その水が10日間その情報を持続できていることと、余計な情報がその水の中に入っていないことなんですね。

ですから、水の情報をフォーマットしたゼロバランス・クウォーツウォーターがどうしても情報転写水としては必要になってくるんです。
【ゼロバランスクウォーツウォーターについては下記を参照ください。】
http://www.prebalance.com/-zero/index.html#zero
【SV-1については下記を参照ください】
http://www.prebalance.com/sv-1/therapy.htm

情報転写水 | 21:38:51 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピーNo.75
スピン調整と磁石


私は、右手を体に当てるだけで異常のある部位を感じることができます。

その異常のある部位からは、質の違ったエネルギーが感じられます。
現在判別できるエネルギーは、骨折、炎症、菌による病気、癌、背骨のずれ、霊障などです。

この能力が備わったことで、私のエネルギーセラピーの研究は進みました。
もし、この能力がなければSV-1やPBW(プレバランスウォーター)は開発できなかったと思います。

それは、見えないエネルギーを扱いますので、その効果が確認できないからです。

この能力は、私だけでなく本来誰にでも備わっている能力だと思いますが、その能力を発揮できるための回路が開いていないだけなんです。

これまで、何人かにこの能力を伝授(回路を開く)してきましたので、その方たちは私の感じていることを理解していただいていると思います。

さて、今回お伝えしたいのは、この私が感じているエネルギーとは何なのか?と言うことです。

「波動」と言う言葉がありますが、これではあまりに抽象的ですね。

私は、このエネルギーは「磁力」であると思っております。

それは、これまで何度か説明してまいりました「スピン偏極」という考え方からそう思うようになったのです。

皆さん、鉄のクギに磁石を近づけておくといずれクギが磁石になってしまうのをご存じだと思います。

鉄は普段は、磁石でないのになぜか?

鉄を構成する鉄原子は、ミニ磁石となっています。

そのミニ磁石は、それぞれが磁力を打ち消す合うように存在しています。
それは、北向きの磁石があれば南向きの磁石があるようにです。

その鉄に磁石を近づけると、ミニ磁石はいっせいに同じ方向にそろってしまいます。(スピン偏極)
磁石とは、同じ方向に原子がそろった状態で発生する磁力なのです。


私は、健康な部位に手をあてた時には何も感じませんが、異常な部位からは異常なエネルギーを感じる。

鉄が磁石に変化することでわかったことは、病気のある細胞からは異常な磁力が発生しているということです。

言い換えると、不調和な原子の集まりが病気であり、その磁場を私の手は感じているのだと言う結論です。

スピン偏極を直す「プレランスウォーター」は、そんな発想で生まれました。
【プレバランスウォーター】
http://www.prebalance.com/-zero/pbw.html

病気を治すということは、細胞の異常振動(偏極)を調和の方向に戻すということなんです。








スピン調整 | 13:09:21 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。