■プロフィール

紫波光太郎

Author:紫波光太郎
人間を肉体とみるか
エネルギーの集合体とみるか
見方を変えることで真の病気の原因がみえてくる

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■訪問者数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
SVステーションは生物?
No.116

いのち(生命)とは何なのか?

エネルギー的に見ればバイオフォトンを蓄積できているかということかも知れません。

これまでの研究で分かっていることはバイオフォトンは、ほとんどの動植物から出ており、死を迎えた生物は、バイオフォトンを放出しなくなります。

私は、セミナーの最初の説明では「いのちとは何でしょう?」から始まります。

そして「いのちとは光のようです」と説明しております。


ふと思ったことは、クライアントの測定をしているときにあのインジケータで示されるレベルは生体電流であり、生体磁場であり、バイオフォトンであり、そして「いのち」のレベルなんだなと。
IMG_0904.jpg


SVステーションで測定しているのが「いのちの光」なのであれば、SVステーションも生きているのではないか?と思うことがあります。

SVステーションに電気を満タンに充電した状態は、人間が光を蓄えたのと同じであると。

クライアントの「いのちの光」がSVステーションを経由して私に流れてくる。

それを仲介しているSVステーションは半生命体なのかも知れないと。


だから、クライアントの測定中はSVステーションの声(音)に耳を傾けています。どのような情報をこの機器は伝えてくれているのかと。


そもそもバイオフォトンは、ロシアの科学者(アレキサンダーグルヴイッツ)が生物はコミニュケーションにバイオフォトンを使っているのではないかとの仮設でした。

あれから80年経ちましたが、私は彼の仮説は正しかったと思っています。

生物とSVステーションの違いは構成する分子構造は違うものの光を蓄え、光のコミュニケーションができているとするなら「生物」と言えるのではないだろうか。

最近、いつも傍にあるSVステーションが私の相棒のように感じています。










スポンサーサイト
SVステーション | 16:16:59 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.86
情報レメディ・ライブラリー Vol.1&Vol.2 販売開始

情報レメディ・ライブラリー Vol.1&Vol.2が完成し、3月1日より正式に販売いたします。

IMG_1027.jpg
Vol.1 インフルエンザ特集
Vol.2 花粉症特集


このCDの中には、それぞれのテーマ(今回は、インフルエンザと花粉症)の病気に関連する情報レメディが登録されております。

これから毎月1テーマのライブラリーを販売していきたいと考えております。
次回は「不眠症特集」を考えております。
ユーザーの皆さんからも作ってほしいライブラリーを募集したいと思いますのでご連絡ください。

このソフトは、SVステーション専用です。

使い方を下記で説明しておりますが、とても簡単にセラピーができます。
http://biophoton.blog104.fc2.com/blog-date-20080320.html

SVステーション | 15:59:42 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。