■プロフィール

紫波光太郎

Author:紫波光太郎
人間を肉体とみるか
エネルギーの集合体とみるか
見方を変えることで真の病気の原因がみえてくる

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■訪問者数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
遠隔セラピーと家族への愛
No.129

ユーザーの方からの体験談が届きましたので掲載させていただきます。


【体験談】 
遠隔セラピーの効果


SV-1の遠隔治療について報告します。田舎(長崎)の両親が膝が痛くて正座が出来なく
注射も打っていると聞いて、写真を送ってもらい(上半身だけなのでちょっと弱いかも知れません)
写真をアウトにおいて膝の痛み用の情報ライブラリィをテストで20分間流し、「膝痛平癒ありがとうございます」の文字をビンに入れてインに置き、経穴調整ボタンを押して6分間これを2日に一度くらいの割合で1ヶ月ほど行い昨日電話してみました。

なんと母の方は曲がるようになっているそうです。父はまだ曲がるまでにはいたっておりませんが
痛みが薄れているような感じだそうです。

正直自分自身もまだ半信半疑ですが上田先生の遠隔セラピーの科学的証明ができるめどが立ってきたという言葉に勇気をもらい続けていこうと思います。
また完治するようなら連絡いたします。


【コメント】
体験談ありがとうございます。
何よりも嬉しいのがこのような体験談です。

治るメカニズムは「信じる」ことなんですね。
SV-1を信じこと、やっているセラピーを信じこと、そして自分自身を信じることができたときさらに効果がでてきます。

さらに効果は、家族の場合に現れます。
それは、「他の人より愛せる」からなんですね。
家族と同じようにクライアントを愛することができると、クライアントにも同じように結果がでるようになります。
頑張ってください。

とても嬉しいメールありがとうございます。



スポンサーサイト
遠隔セラピー | 11:53:29 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.88
炎症反応と経穴

SVステーションのインジケータが赤く表示される場合は、その経絡で炎症が起こっている可能性があることを書きました。

それはまた活性酸素が大変多いことを示し、バイオフォトンもたくさん出ていることが分かっております。

私は、体の炎症がある場合、その部位に手を近付けるとわかるということも書きました。それは、その部位の磁力を感知しているということでもあります。

さて、肝炎などで肝臓が炎症を起こしている場合には、足の親指の経穴(ツボ)を測定するとインジケータが赤くなるはずです。

しかし、これまで肝臓部分の手を近付けて「炎症の磁力」を感じているのに、親指の経穴からは特に反応がないことがありました。

私が感じている異常な磁力と経穴の反応が一致せずに不思議に思うことが何度かあります。

ある本を読んでいましたら、それは肝臓の経絡で膝の近くに「曲泉」という経穴があるのですが、肝炎や肝臓の問題がある場合には、その経穴の電気抵抗値が通常の18倍も低くなる(インジケータでは赤くなるはず)と言うことです。

症状によっては、手足の指の経穴だけでは判断できないケースもあるのかと思いました。



遠隔セラピー | 10:26:59 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.82
情報レメディ・ライブラリー「インフルエンザ特集」完成!!

ついに添付の画面のテーマ別の情報レメディを集めた「情報レメディ・ライブラリー」が完成しました。

このソフトでは、SVステーション用のものでパソコンにこのCDを入れるとライブラリの中にある情報を使って、情報転写水を作ったり、通電によるセラピーができます。

第1回目のライブラリーは「インフルエンザ特集」です。

現在、第2弾「花粉特集」のライブラリーを製作中ですが、今月中には完成します。

このソフトは鳥インフルエンザ用に作りました。

詳しくは、3月に発行予定の「プレバランス通信」で紹介いたします。

情報レメディ ブログ用

画像をクリックすると拡大します。


遠隔セラピー | 17:10:57 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.81
励み

毎日のようにSV-1ユーザーの方からお電話やメールをいただきます。

内容は、機器の使い方、具体的なセラピー方法などの様々な質問や疑問です。

機器の開発者として、またこれまでのエネルギーセラピーの研究のノウハウがユーザーの皆様のお役に立てればとても嬉しく思います。これからも遠慮なくご連絡いただければと思います。

さて、そのユーザーの方とのお話の中で「こんな結果が出た」「家族が元気になった」という報告が何よりも嬉しいことでして、また励みになります。
また、この体験談などが他のユーザーに役に立つことになると思いますので、何でも結構ですからご報告いただけるとありがたいです。

【ユーザーからの報告】
昨日、はしかの大流行を知りました。次男が予防接種をしていないので心配してます。(福岡は2番目に大流行だとか…)今は流行っているウィルスを紙に書いて、水に転写しています。不思議と子供たち大きな病気はしません! 次男はたびたび中耳炎を起こしていたのに、11月にSVー1と出会ってから一度も耳鼻科に行っていません!!
<コメント>
このユーザーの方は、子どもさんのセラピーを目的に購入された主婦の方です。
遠方であるため、直接お会いしてのトレーニングなどはまだ行っておりませんが、既にしっかりと測定ができているようです。SV-1は「誰もが簡単に使える」エネルギーセラピー機器として開発してきましたので、この状況はとても嬉しく思っております。そして何よりもお母様の子どもさんへの想いがSV-1と共鳴して高いセラピー効果を上げていると思います。
最終的には機器が治すのではなく、機器はセラピストの想い(愛)を増幅してバイオフォトンに載せ、クライアントに注ぐものですからね。とても嬉しい報告でした。

【腕をあげてきましたね!!】
あるユーザーの方(主婦)から、娘さんのセラピーを行ったときの話がありました。

<ユーザーからの電話>
「先生、娘は背骨が歪んでいると思います。それは、測定した時にビビリ音が聞こえたからです。」
このお電話を聞いた時も嬉しく思いました。
この判断は間違っていないと思います。背骨が歪んで(ずれて)いるときは、間違いなくビビリ音が聞こえるのです。それはとても微妙な音なのですが、それをこのユーザーはしっかり聞き分けられていたのです。
この娘さんは、肩こりと視力低下があるそうです。もちろん、大腸や胃、肝臓などの経絡の問題が考えられますが、一番は背骨のずれが原因だと思います。
この方もセラピストではない主婦であることが、私は嬉しいところなのです。
私は、自分や家族の病気を家庭で誰でもが簡単に治せるセラピーを目指しております。
SV-1は、そのような目的で開発してきたのでした。

前回のブログで書きましたが、近い将来、薬や注射などはなくなります。そして、家庭で簡単に病気をみつけ治せる時代がきます。そのような未来を見据えてこれからもエネルギーセラピーの研究を続けていきたいと思います。




遠隔セラピー | 14:01:01 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.80
未来予言とSV-1

昨晩、今話題の予言者ジュセリーノの番組をみました。
その内容は、これから大地震、新型インフルエンザウイルス、温暖化問題など人類はかつてない危機的な事態に見舞われるという予言でした。

SV-1セラピーが貢献できることとして、新型インフルエンザウイルスの予防やセラピーへの対応を研究したいと思っております。

既に、それらの研究を始めておりSVステーション用のインフルエンザ用のソフトウエアがもうすぐ完成します。

ジュセリーノの予言をまとめた本ので「未来予知ノート(ソフトバンククリエイティブ発行)」があります。
この中で、未来の医療について彼が回答している部分がりますので紹介します。

【180ページに記載あり】
:西洋医学の将来は? 医学に限界があるのでしょうか?

:西洋医学は現在、若干低迷の傾向にあります。しかし将来は、赤外線のようなものを用いた機械による新しい療法が、薬による治療に取って代わるでしょう。光を集中させて直接患部を治すもので、飲む薬や注射などは必要なくなります。

:予防医学が現在の医学に取って代わることはあるのでしょうか?

:はい。科学の発達で予防医学は大きく進歩します。病気になる前に原因を発見する機械も発明されることでしょう。


もうすぐ私たちが行っているエネルギーセラピーが認知される時代になりますね。
【心理・経絡セラピー機器SV-1】
http://www.prebalance.com/sv-1/therapy.htm

遠隔セラピー | 16:11:05 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.78
鉱物のエネルギー

出張セラピーで出かけた時のことです。
あるお宅で5人ほどのSV-1でのセラピーを依頼されました。

その家は、送電線の鉄塔が近くにあり距離にして100メートルもありません。
電磁波測定器で測るとどの部屋も常時3mGありました。

1mG以上あると問題と言われておりますが、私の体はとても敏感なので0.5mG程度でも長時間いると調子が悪くなります。

私と同じSV-1もそれだけの電磁波が強い場所では、ビビリ音がでてしまい、電界のせいだと思いますが、プローブを握ってSV-1本体を触ると、ビビビビビ・・と変な音がします。

このような状態ですから、通常はセラピーなどできません。

しかし、このお宅でのセラピーはとてもうまくいくのです。
確かに、SV-1の音が変です。ビビビビビ・・・
機械が壊れたのかと勘違いするほどです。

それと、なんと言ってもセラピーする私がとても調子が良いのです。
疲れないのです。

実は、このお宅にはセラミックのパウダーが壁に塗りこんであるのです。

プレバランスでもFUFというセラミックのパウダーを販売しております。

このパウダーは確かに凄いのです。
それは、体感いただくのが一番なのですが。

しかし、なぜこのセラミックのエネルギーが空間を変えるのかハッキリわかっていませんでした。

でも、わかりました。

それは、ゼロバランス調整誘導装置をみていて気がつきました。

ゼロバランス調整誘導装置は、水道水をゼロバランス。クウォーツウォーターに変えます。
それらは、鉱物のエネルギーです。
それは、鉱物の情報が水を変えるのです。

山に降った水が、湧き水として出てくるときに、名水となる場所があります。それは、その土地の土を通過して出てくるときにその土のエネルギーを受け取るからです。

空間にも水があることに気づいていませんでした。
水は、氷→水→気体(水蒸気)などいろいろな形に変化して存在します。
水や氷は見えても大気中の水である水蒸気は、通常はみることができません。

部屋の内壁をセラミックにした場合、室内の水蒸気はそのセラミックのエネルギー(情報)を受けると考えらえます。

その空間を通過する電磁波は、その水蒸気の情報に包まれ、無害なものに変化していると考えられます。

わかっていただけますかね?

また後日詳しく書きます。


遠隔セラピー | 18:18:46 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.47
遠隔セラピー(2)

川崎病で入院している子どもさんをの遠隔セラピーの依頼を受けていました。

ご家族からメールで画像を送っていただき、それをプリントしてSV-1で行いました。

1週間ほど39度もの熱が下がらなかったのですが、セラピーをはじめた翌朝に「熱が下がった」とのお電話をいただきました。

その後も遠隔セラピーを続けましたが、回復してた退院されたとのお電話をいただきました。よかった!! よかった!!

今日もお母さんが入院してしまったお客様から遠隔セラピーの依頼を受け、現在セラピー中です。

これからも遠隔セラピーの実績をあげ、このセラピーを確立していきたいと思っております。

写真は、その方のエネルギーのコピーと考えられますので、これまで「遠隔セラピーは可能」だと思っていました。

SV-1が完成したことで、このテーマも科学的な根拠と、データを取りながら進めていきたいと思っております。





テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

遠隔セラピー | 12:41:59 | Trackback(0) | Comments(0)
エネルギーセラピー No.44
遠隔治療

先日の講習会で遠隔治療の話題がでました。

SV-1では様々な遠隔治療ができます。ただ、この方法をマニュアルなどに入れると「怪しい機械」と思われてしまうためにあえて記載しておりません。

物質をエネルギーの集合体と考えれば、遠隔治療はできることが理解いただけると思います。

遠隔治療で「身代わり」を介して測定やセラピーを行っている方がおりましたが、私はそれは止めるようにお伝えしました。
それは、一時的とはいえ「病人の方の身代わり」となって測定する場合は、その方に邪気であるとか癌のエネルギーを通すことになるからです。本当に身代わりになってしまいます。

遠隔治療の方法についてはユーザー専用サイトに詳しく載せましたのでみてください。ユーザー以外で興味がある方はご連絡ください。



テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

遠隔セラピー | 12:27:46 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。